まるみみ日記もどき

 日記と言いつつ毎日更新するわけではなくて、あたしが日々何となく考えたことを書いたり、ネット上の気になったニュースなんかに直リン貼るコーナーです。

 コーナーの性格上、古い記事はどんどん流していく体裁を取りますニャ。


 
6/16
 「今さらPS3にハマってます」な日記の続き。

 ゲームは楽しいけれど、PS3のワイヤレスコントローラーは充電がかったるいとBBSで書きましたら、HORI様が「ゲオ製のコード付コントローラーがありますよ」と教えて下さいました。

 それは良いな、尼でも買えないかなと調べたところ、ホリパッドのコントローラーを発見。
 ホリパッドはPS2用のモノをずっと使ってて慣れてますし、値段も1600円くらいと安価なので即ポチってみました。



 届いたモノ(左)はちょっと小ぶりですが握りやすく、コードも柔軟かつ十分な長さがあってE感じ。
 見た目も渋い色合いのスケルトンで気に入りました。
 動作もちゃんとしましたが、PSボタンから起動できないのは仕様なのか何なのか、ちょっと不便かな。

 隣にあるのは一緒に買った充電器で、そもそもPS3で充電するのがかったるいからコード付コントローラーを買おうというハナシだったので、こういうのがあるなら渡りに舟と即ポチしました。

 1400円と安価なので心配だったのですが、試してみたらちゃんと充電できました。
 安価なりに機能も悪くなく、付属のLEDライトが赤→青→消灯と変化して充電完了を報せてくれるのでとても便利。
 まあすぐに壊れてしまうのかもしれませんが、この値段なら良いかなと。

 これで、ワイヤレスの充電中はコード付コントローラーを使えば良く、安心して遊ぶことが出来るようになりました・・・・って、遊んでる場合じゃないんですけどねえ・・・・


6/2
 (前回日記より続く)さてお友達から借りたPS3で「無双6」と「龍が如く3」を遊んでいるうちに、もっとやり込みたいなあという悪い虫が案の定わいてまいりました。

 メインのシナリオをクリアするだけなら簡単ですが、キャラを育てたりサブイベントを全クリしたりしないとやはり物足りない。
 だけどそれを、借り物のハードでやるのは空しいし気が引けます。

 えいもう中古でPS3を買っちまえという悪心がいきおい起こり、尼で検索してみますと、スプラッシュブルーの320GB、7400円というのがありまして、まあコレで良いかとポチってしまいました。


 翌日すぐ届いたモノはちゃんと動作しましたので、次はソフトも中古で集めようと。

 「PS3」、「オススメ」でググったソフトを色んなネット通販で調べますと、もう古いものばかりですから、どれもすごく安いのね。
 なかでも100〜300円くらいのを選ってドバッと発注し、今んとここんなのが集まりました↓



 
これだけ買って、せいぜい6000円程度。他人と生きてる時間がズレてるって素晴らしい・・・・

 取りあえず無双6のやり込みをしながら「ドラゴンズドグマ」も始めてみたんですが、なかなか面白くてすぐハマってしまい、テレビ見たりネットやったりしてるヒマが無いどころか、もうゴハン食べたりトイレ行ったりもメンドクサイという最悪の状況になってまいりました。

 まあ世間様がソシャゲだPS4VRだで遊んでいる時に、今さらワーイPS3だ〜って無邪気に喜んでるのは、あたしのようなダメ人間には相応しいかもしれません。

 皆さまも、PS3ならコレも面白いよというオススメソフトがありましたら、是非教えて下さいませ。


5/23
 昨年末にXbox360とバイオ5を貸してくれたお友達に、とても面白かった!と返したら、それじゃあコレも貸してあげるよと、PS3とバイオ0を持ってきてくれました。

 
もうゲームは引退したつーのに!(^.^)
 と苦笑しつつ、取りあえずは0をプレイ。



 
この0は無印バイオの味を色々リスペクトしてる作品だと聞いていましたが、なるほど全体の陰鬱で不気味な雰囲気は素晴らしい・・・・けれど、あたしにはどうも合いませんでした。

 発売当初も批判されたそうですが、四次元BOXが無くなっちゃったのでアイテム管理が面倒この上なく、弾数が不安で大火力火器も使いにくいので、結局ハンドガンだけで進むことになり、ストレスばっか溜まりました。
 ヒル人間ウザいし、ヘンなカエルみたいな敵に何度も瞬殺されちゃったり・・・・
 そもそもドヘタだし年寄りなので、
もうユルユルお気楽プレイしか受け付けなくなってるんだなあと痛感しました。


 結局一周しただけで0は放置していたのですが、その後のある日、お墓の掃除に行ったついでにブコフに寄りますと、「三国無双6」、「龍が如く3」の中古がそれぞれ108円で売られているではないですか。

 どちらも前からプレイしてみたかったので、手元にハードがあるうちにやっちまえと、よせば良いのに買ってしまいました。
 したところが大ハマり!(;。;)
 無双も龍も、クソと言えばクソゲーな部分も多いけど、とにかくユルいし、親切設計であたし向き。
 終日プレイしていても飽きず、もう株とか3Dモデリングなんかやってる場合じゃありません(オイ

 やっぱゲームって楽しいよなあとシミジミ思った次第ですが、この後お約束なアカン展開が待ち受けていまして・・・・(次回日記に続く)


 追記・だけど無双も、こうも若手イケメンキャラが増えてきますと、レギュラーのオッサンキャラがジャマくさくなってきましたね。
 黄忠とかはもちろん、関羽とか張飛だってもういらねーよ。同じイベントばっかだし。
 でも前から好きだった陸遜はリニュですごく可愛くなったから許す!これはもう飼いたい!チュッチュッ!


5/17
 ヤボ用続きでなかなかシネコンに行く時間が取れなかったのですが、やっとで、映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」を見てきました。

 珍しく昼3時からの回を見たのですが、レイトショーと変わらずガラガラでした。
 あまり人気が無いのか、上映枠も縮小され、2Dの吹き替え版しかやってない体たらく。これだけのビッグバジェットなのにねえ・・・・


 
 さて今回のアベンジャーズは、あたしの大好きなウィンターソルジャーやシビルウォーを手がけたルッソ兄弟が監督しているということで、とても期待していました。
 だけど実際に見てみて愕然。うわぁ、こりゃアカン!な印象でした。

 しかしそれは監督が悪いとか脚本がダメだからということでもなく、どうも本作の、アベンジャーズという企画の中での位置づけ故ではないかという気もします。

 聞くところによりますと、本作は次作「アベンジャーズ4(仮題)」の前編部分ということらしく、だからなのか本作だけでは、物語やキャラたちの心情
の決着が付いたりはしません。
 また活劇のカタルシスというものもほとんどありませんし、極端なバッドエンド構成となっています。
 
要するに最終回へ向けてのタメパート、鬱パートとしての性格を強く持っているようです。


 そうした事情は理解するにせよ、やはり劇場映画というのはそれ1本だけで「うん、面白かった!」と満足させてくれる商品であって欲しいと思うし、何より本作は内容が暗すぎ、バランスが悪すぎます。

 例えが昭和で恐縮ですが、ショッカーの大首領が暴れたい放題で、ボコボコに
された七人ライダーが「もう参った、どうか勘弁してくれ」などと這いつくばるような映画を、誰が劇場まで足を運んでまで見たいでしょうか。

 しかもそうした鬱展開が、2時間半の長尺の間ず〜っと続くのです。アベンジャーズもツライか知れませんが、見ているコッチの方ももう勘弁してくれと消耗しきってしまう気分でした。


 シリーズの膨大な伏線を残らず回収していく構成も、よくまあやったよなあと感心はしますが、それでパズルがガッチリと組み上がる面白さがあるわけでもなく、むしろドラマのテンポを阻害してしまっています。回収しようがするまいが、最初からどうでも良い与太話なんだから。

 テンポが悪いと言えば、所々に挿入されるチャラいコメディ要素もジャマくさいことこの上なく、特にGOGメンバーによるそれは、それがGOGの味であることを考慮しても、うるせーよ!そんな場合じゃねーだろ!とツッコみたいこと夥しかったです。
 そういうディズニーっぽさの弱い、アベンジャーズとしてはシリアス、シビアな演出が、ルッソ兄弟の良いところだったと思うんですがねえ・・・・


 次作(後編)でドラマが上手く決着し、ババーンとカタルシスも演出されれば、なるほどあのインフィニティウォーはこのための必然的タメパートだったんだなと評価されるのかも知れません。
 しかし同じようなタメパート映画、繋ぎ映画であっても、素晴らしい見せ場やカタルシスもキチンと独自に備えていた「帝国の逆襲」なんかの完成度を思うと、もうちょっと上手く作れたんじゃないのかなあと残念な気分になりました。


 追記・ちなみにマーベルシリーズでは毎度のことですが、別に予習などはいらない、初見でも容易に理解できる内容となっています。まあそもそもアホでも分かるマンガ映画ですしな。
 あえて予習をするのであれば、最近作のブラックパンサーとバトルロイヤルは見ておくと良いと思います。バトルロイヤル、クッソつまんねーけど。


→トップへ