まるみみ日記もどき

 日記と言いつつ毎日更新するわけではなくて、あたしが日々何となく考えたことを書いたり、ネット上の気になったニュースなんかに直リン貼るコーナーです。

 コーナーの性格上、古い記事はどんどん流していく体裁を取りますニャ。


 
2/10
 ちょっと身体のことなど。

 あたしは両親と祖父母らから蝶よ花よと散々に甘やかされて育ち、甘いモノもどっさり与えられてボリボリ食べてましたら、幼稚園に上がる頃には立派な味噌っ歯になってしまいました。
 そこで反省して歯のケアを心がければ良いものをこのアホは、早めに永久歯に生え替わったことで、もう全部チャラだとうそぶいてマメな歯磨きを怠り、歯医者は怖いからといつまでも逃げまくり、大人になったときには歯はガタガタ。

 これじゃさすがにイカンと歯科検診には通うようになりましたが、大きな治療は恐がってまた逃げ続け、半年後には手術受けます!今度はホントです!とその場しのぎのウソをつき続けてきましたが、先般、

 「これ以上は状態維持に責任を持てません。今回こそはブリッジ治療をしますよッ!!」

 と歯医者さんから鬼の形相で言い渡されてしまいました。怖ぇえ・・・・



 ブリッジとは悪い歯を抜いて人工歯をかぶせる治療です。
 
周囲の健康な歯を削って土台にする必要があるため、そんなの怖いなあと先延ばしにしてきたんですが、このままだと歯全体が悪くなると言われてついに観念。

 難儀なのは費用で、保険の利く安物もあるけど長持ちしませんよと言われ、それじゃあ自由診療のイイものを入れましょうとなったんですが、1本当たり8万ちょっと×5本、消費税その他コミコミで約50万になるそうです。軽自動車か。

 稼ぎもない無職のクズ人間が、お口にそんな高価な改造パーツを入れなきゃならないなんてなあ・・・・

 てことで、婆から皆さんへのお願いじゃ。
 お子さんをお持ちの方は、心を鬼に、厳しく躾けて育てなされ。
 欲しいモノを何でも買ってやったり、好きなお菓子をだらしなく与えたりしてはならぬ。
 でないと早晩、あたしのようなバカモノが出来上がるのじゃ。ホンマやで。是非心がけてや。


1/25
 またちょっと備忘記を。

 ・22日は、珍しく予報が当たってヒドい雪でしたね。
 ウチの近所も昼過ぎからドッと降り始め、夕方4時にはご近所この状態↓




 夜半近くまで降り続けましたので、最終的にこの倍くらいの積雪になり、庭木は折れまくるわガレージはギシギシいうわで不安な一日でした。

 幸い翌日の晴天でベランダや屋上の雪はかなり溶けてくれましたし、自宅前の雪かきも終わってホッと一息。
 ただ住宅地内には雪かきをしていないお宅も多く、道はかなり積雪が残っている所もあり、車での外出はしばらく控えようと思っています。


 ・年末にお友達に会ったとき、「バイオ好きだけど、PS2しか持ってないから4までしか遊んでない」って話をしましたら、「そんならXbox360版を貸してあげるから、取りあえず5をやってみなよ」ってことで、年明けにハードとソフトを持ってきてくれました。
 んで、今さらながら、バイオ5をここずっとやってます。



 
5は完全なアクションゲーになってしまってバイオじゃなくなったという評価を聞いていたのですが、実際やってみますと、よりFPSぽくなった4という感じで、あたし的にはバイオの雰囲気は感じることが出来ました。
 
 あたしは殺人的にアクション下手なので、最低難易度でも初プレイでは死にまくりましたが、慣れてくると数時間で一周できてお手軽ですし、最初からほとんどの武器を無限弾数にしてくれていたので、トリガーハッピーでプレイできるのも嬉しいです。

 4から続くボタン選択式の即死イベントはウザいだけだし、ストーリーはもうコレ収拾不能だろというグチャグチャぶりですが、バイオ・・・ていうかゲーム自体をやるのが超久しぶりなので楽しく、もうPS4も買っちゃって7をやりたいなーという誘惑にかられました。株でもっと儲かればねえ・・・・

 にしても、大雪で通勤通学に四苦八苦されている皆さまをニュースで眺めつつ、終日コタツでバイオをやってますと、つくづくニートって最強だなあと申し訳ない気分になっちゃったり。


12/23
 サービスデイを利用して「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」を見てきました。



 
最近のあたしは、劇場では2Dの吹き替え版を見て、3D字幕版は家でBlu-rayで見るというのを定番にしています。
 3Dを劇場で見るのは疲れますし、吹き替えは嫌いなのでどうせ家では見ないから、劇場ではせめてそれを見ておいてやろうという理由です。

 ところが今回のサービスデイは夜8時過ぎまで別の用事がありまして、シネコンに着いたときは9時半からの字幕版レイトショーしかやっておらず、仕方なしにそれを見ました。
 場内は毎度のようにガラガラ。だというのに、開演してから入ってきたジジババ夫婦がわざわざあたしの隣に座りまして、マジでぶん殴ってやろうかと思いました。


 内容について。

 あたしは前作「フォースの覚醒」であまりの退屈さに爆睡してしまいまして、今回はどうかなあと思っていたんですが、3時間の長尺を意外や起きたままで見終えることが出来ました。
 しかしそれは今作が面白かったからかというとそうとも思えず、単に体調がマシだったからのような気もしますし、全体の印象としてはやっぱグダグダ感が強かったです。

 今作の脚本は観客の「こうなるだろう」という予想をいちいちハズすことに腐心しているようで、だから先読みがききにくいという面白さはあるかもしれません。
 でもそういうギミックも1回2回なら「おお、そう来たか!」と思えるかしれませんが、こうものべつにだとやはり食傷してしまい、もうエエて!とツッコミたくなってしまいます。つまりはメリハリが利いていない気がしました。

 戦闘シーンが少なく、戦闘の規模が小さいのも不満で、もうこれ「ウォーズ」じゃねェだろって気もします。
 レジスタンスは逃げ回ってるばかりで太陽の牙みたいですし、追っかける帝国軍も全くやる気無し。
 旧三部作はどれも、クライマックスとしての大きなバトルシーンがありましたし、戦場の緊迫感や広がりもちゃんと感じられたのにね。


 そも最初のスターウォーズって、「アメリカンドリーム」を無邪気に描いたバカファンタジーだったのに、新三部作からは9・11以降の現代デモクラシーやキリスト教世界のアイデンティティ危機みたいなことを扱うようになり、カタルシスとは無縁の辛気臭い歴史劇になってし まった
憾みがある。

 そのこと自体は時代の流れで仕方ありませんが(だって今日日、クソ田舎のイモ兄ちゃんが都会で大暴れして英雄になり、マブいスケ(絶滅語)もゲットしてウハウハ!なんつーモノを臆面も無く制作できるとは思えない)、
ディズニー傘下になってからはそうした新しいテーマ性すら喪失して、お子様でも安心して楽しめるけどコクも毒もないスカスカのコメディに堕してしまったのはやはり寂しく感じます。
 

 もはやこのシリーズを「SW」として続ける意味があるのかを制作者には自問して欲しく思いますが、まあディズニーとしてはそんなこと知ったこっちゃないんだろうなぁ・・・・・商売のガワだけが残ってれば何でも良さそうですもんねこの会社。


→トップへ